HOME‎ > ‎

O.H.O.P(祈りの家)

☆往生地 祈りの家 O.H.O.P(Oujyoji House Of Prayer)
「この後、わたしは帰ってきて、倒れたダビデの幕屋を建て直す。すなわち廃墟と化した幕屋を建て直し、それを元どおりにする。それは、残った人々、すなわち、わたしの名で呼ばれる異邦人がみな、主を求めるようになるためである。大昔からこれらのことを知らせておられる主がこう言われる。」 使徒の働き15:16~18

 終わりの時代に、主がダビデの幕屋を建て直され、絶え間ない祈りと賛美を捧げるという主のご計画を、主が導いて下さり、往生地教会を祈りの家として召して下さった主に感謝します。

「御国が来ますように。みこころが天でおこなわれるように、地でもおこなわれますように。」 マタイ6:10

 天でなされる礼拝がこの地でもなされるように、主を慕い求め、待ち望み、心を尽くして祈りたいと願います。
イエス様の十字架の贖いによって、私たちは王であり、祭司とされました。
「あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。」Ⅰペテロ2:9

また、私たちの内に聖霊様が住まわれ、どんなときも、どこにいても、主を求めて祈り、賛美することができるようになりました。そして、一人一人が聖霊様に満たされて集うとき、教会は一つの体、聖いキリストの花嫁として、再臨を待ち望むことになります。
「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まるところには、わたしもその中にいるからです。」 マタイ18:20

 また、イスラエルのために祈っていく必要があります。
「イスラエル人の一部がかたくなになったのは異邦人の完成のなる時までであり、こうして、イスラエルはみな救われる、ということです。」 ローマ11:25~26
福音が全世界に宣べ伝えられようとしているとき(マタイ24:14)、イスラエルのために祈り続けることが必要です。
主がそれを望んでおられます。

 共に集まり、絶え間ない祈りと賛美をもって、主が来られる道を備えるのがO.H.O.Pです。


☆祈りの課題
1、みこころが天でなされるように、この地上でもなされるように
2、イスラエルの救いと、異邦人の救いと回復のために
3、日本の指導者たちのためのとりなし
4、長野県の救いと回復
5、私たちの家族、親族、知友の救いのために


☆問い合わせ
復活之キリスト往生地教会
電話:026-233-3066 


☆献金のお願い
 往生地教会では、半地下があり、その4帖と8帖を祈りの家としてリフォームしました。2月初旬から着工して、3月末に完成しました。お祈りありがとうございました。また引き続きご支援もよろしくお願いします。

ゆうちょ口座にATMを通して直接入金の場合
                    店番118
                    普通預金  口座番号2026321
                    加入者名 復活之キリスト往生地教会

振込用紙(赤い紙)もありますので、ご希望の方はメールして下さい。

 現在、祈りの家の祈り手は数名しかおりません。24時間365日、絶え間ない祈りと賛美が捧げられるよう、祈り手が与えられますように合わせてお祈りください。皆様のお祈りとご支援を心から感謝します。








Comments